我が家のコンセプト

2020年8月5日

コンセプト

我が家は一条工務店で注文住宅を建てたわけですが、一条工務店と出会うまでは注文住宅を建てて住みたいと考えていたわけではありませんでした。

だから、「こんなお家に住みたい!」という具体的な内容を考えたこともありませんでした。

ただ、今まで生活してきた中で、「こうだったらいいな!」って考えていたことはもちろんあったので、いざ住宅を設計するとなった時は以下の点をコンセプトとしました。

1.家族が別々のことをしていても同じ場所でくつろげる家

2.平屋で吹き抜けのある広いリビング

1.家族が別々のことをしていても同じ場所でくつろげる家

基本的に自分が引きこもりの性分のため、自室ができたら自分の部屋に確実に引きこもるので、家の中で家族がバラバラにならないように、リビングにたくさんの居場所を作って、たとえ家族が違うことをしていても、同じ空間に居れるような家がいいな~と思ってコンセプトにしました。

2.平屋で吹き抜けのある広いリビング

こちらは、妻の要望ですw 

階段は年を取ると上り下りがしんどいから、平屋がいいとの理由でした。

吹き抜けは部屋が広く感じられ、一条工務店であれば吹き抜けがあっても暖かい家がつくれるとのことで採用。

平屋も吹き抜けも私としては満足していますが、平屋にすることにしたため、土地探しでかなり制約され、土地の面積と建ぺい率の条件が合致し、かつ駅に近いなどの希望の条件の土地を見つけるのがかなり大変でした。

正直、土地についてはかなり妥協しました。(そんないい条件の土地がコロコロ転がっているわけなかった)

住んでみて思うこと

そんなこんなで完成したのは、廊下のない平屋建ての住宅。

LDKが20帖と広く、半個室の書斎と3.75帖の和室(スリットスライダーで仕切り)が繋がっている家となりました。

寝室と洋室(子供部屋)は寝るだけの部屋!

住み始めて1か月経ちますが、コンセプトどおりリビングに入り浸っており、寝るときだけ寝室に行くというスタイルで生活しております。

廊下がないので、その分部屋の面積に割くことができましたが、やはりダイレクトに繋がっている分、音問題が発生しております。

主寝室とキッチンが近いので、夜中の食洗器の音がよく聞こえ、寝るときは寝室の扉を閉めるようになりました。

扉が閉まっていると、多少軽減してくれるので、割とどこででも寝れる我々夫婦は扉さえ閉まっていればあまり気にならない。

細かい問題は多少あれど、自分たちで設計した家。

いいところ悪いところ全部ひっくるめて愛していこうと思います。