教科書に書いていないフォア表ソフトの知識

フォア表ソフトがプレーする台との距離は?

表ソフトといえば台に近い距離で戦う前陣速攻型が使用するラバーである。

卓球をやっている人ならば皆知っているであろう。

表ソフトを活かすには台に近い距離で戦いましょう。

私がこれまで読んできた卓球の教本にはだいたいそんなことが書いてあったと思う。

 

だが、表ソフトは台に近い距離で戦うというのは正しいと思うが、台に近い距離で戦うことだけが表ソフトの全てではないと私は考えている。

何が言いたいかというと

 

状況に応じて台との距離を考えよう

 

ということ。

 

表ソフトだからって台に張り付く必要はないんです。

知っている人は当たり前だと思うだろう。

だが、表ソフトは前で戦うという思い込みが強い人こそ、下がって戦うということを忘れてしまうものだ

というか、昔の自分がそうだったのだ。

 

ここで言う下がるというのは、後陣に下がって引き合いやロビングを推奨しているわけではない。

ボールが打ちやすい最適な位置に移動することを推奨しているのだ

 

わかりやすい例えだと、相手のストップを処理する時は台に体をくっつけるくらい前に踏み込むが、がっつり深いツッツキをされた時のボールを処理する時では、台から50cm以上は離れた方が打ちやすいだろう。

自分がレシーブを浮かせてしまった時などで、相手に有利な状態で打ち込まれる時は、時間を稼ぐために台から1m以上離れなければボールを返せないだろうし、自分がレシーブで優位に立っている状態で相手が打ちこんでくる時は、前につめて台に近い距離でブロックやカウンターを狙うのがいいだろう。

つまり、ボールが打ちやすい最適な台との距離は、常に変化しているということ

 

表ソフト=前という単純な図式ではなく

常に台との距離を考えてプレーする

という意識が表ソフトにとっても大事なのである。

 

台上と前陣でしか戦ったことのない表ソフトの選手は、前陣から半歩下がってみるだけでも世界が広がるかもしれないので、試してみてほしい。

フォア表で中陣からドライブで引き合うと、思ったよりかかってなくてポロリと落としたり、軌道が跳ねずに滑って飛んでくるから空振りしてくれたりするので、選択肢としては有りだと思う。