フォア表ソフトのラケットのグリップの秘訣

ボールに負けないインパクトをつくるために

フォア表ソフトにとって角度打ちは攻撃の要ですが、この角度打ちを安定させるのに必要なものと言えば

 

ボールに負けないインパクトです。

 

ボールに負けないとは、相手の球威や回転量の影響を上書きできると置き換えていいでしょう。

インパクトの際に自分の体重移動やスイングのエネルギーがロスしてしまうと、ボールを落としてしまったり表ソフトの表面でボールが滑ってしまったりするのです

 

ここで伝えたいことは、インパクトを強くするために早いスイングをしろということではありません。

スピードボールを打つ時も、ゆっくりのボールでしっかりとつなぎぐときも、ドライブを打つ時もボールに負けないインパクトを生み出しやすくなる方法です。

 

それはグリップを握る際にラケットヘッドを立てることと、ラケット面を開かないことです。(シェークのフォア表の場合)

 

ラケットを開いてはダメというわけではないです。

ラケットをガチガチに握って打つということでもないです。

“しなり”を効果的に使い、インパクトの瞬間にボールに負けないラケット面を生み出すためのグリップはラケットヘッドを立てることと、ラケット面を開かないことが重要です。

 

まず、ラケットヘッドを立てるということについてです。

裏ソフトの選手は手首を下げてラケットヘッドを少し下げてフォアハンドを振る選手が多いだろう。

これは下げたヘッドを戻す動きでボールに回転を加えることができるからです。

しかしながら、表ソフトでは裏ソフトと同じようにラバーのひきつれで回転をかけるわけではないです

しかも、ひきつれがないためにラバー表面でボールが滑り、エネルギーロスになります。

つまり、ラケットヘッドを立ててインパクトの瞬間にブレないラケット面をつくることの方が、エネルギーロスしなくなります

 

続いて、ラケット面を開かないということですが

正確には、打つ前からラケット面を開いてしまわないということです。

打つ前からラケット面を開いているとそれ以上ラケット面を開くことができず、打つ瞬間の腕や手首のしなりによってボールのインパクトを増加させることができないからです。

つまり、ラケット面は意識的に開くのではなく、しなりによって自然に開くようにするということです。

これは裏ソフトも同じですよね。

 

裏ソフトの選手が多いので、表ソフトの選手がどのようにラケットを握っているかを見る機会は少ないですが

ラケットヘッドを立てることで、ラバー表面でボールが滑ってしまうということを軽減することができるので

試してみてはいかがでしょう。