高く浮いたボールを叩き込むのは要注意!

その浮いたボールは果たしてチャンスボールなのか

フォア表ソフトの主力武器はスマッシュであり、スマッシュとは高く浮いたボールを相手コートに叩き込むものである。

このことは卓球をあまり知らない人でも知っているだろう。

相手がレシーブでツッツキミスをして浮かせてしまい、こちらのチャンスボールとなるシチュエーションは多い。

むしろ、この状況を作り出すために、あれこれサーブを工夫しているのではないだろうか。

そして、高く浮いたボールを思いきりスマッシュしにいってミスをしてしまう

表ソフトあるあるだろう。

惜しかった、次頑張ろう

そうやって、気持ちを切り替えることだろう。

 

果たして、そのミスは惜しかったで済ましていいものだろうか。

 

ここに大きな落とし穴があることに、表ソフトの選手は気づいているだろうか。

高く浮いたツッツキレシーブは強打できるという思い込みが存在することに。

 

確かに威力のあるスマッシュが相手コートに入れば得点できる可能性は高い。

しかしながら、威力のあるボールを相手コートに入れるには、リスクも大きくなるということを忘れていないだろうか。

しかも、ツッツキなどの下回転のかかった浮いたボールはなおのこと難しい。

高く浮いたボール=チャンスボールと呼んでしまうから、誤解してしまう。

これからは高く回転のかかった、気をつけて処理をしなければならないボールと呼ぶことにしましょう。

 

さて、実際のところ、どう処理すればいいのかということだが

1番の選択肢は

 

スマッシュを叩き込みましょう

 

ということになる。

ただし、次の2点に要注意です。

 

それは相手のボールの深さ自分の打つタイミング

 

スマッシュを叩き込んでいい条件はボールが浅く、バウンドの上昇中(第2打球点くらい)にスマッシュを打てる時です。

 

ボールが深いと、相手コートまでの距離が遠く、直線的な軌道のスマッシュはミスをする確率がぐっと高くなります。

また、バウンド頂点を過ぎたボールはボールの落下エネルギーが加わり、相手コートにボールを運ぶのがバウンド上昇中よりずっと難しくなります。

バウンド頂点でもいいのですが、頂点でスイングを開始すると、インパクトの時点では既に落下し始めていることがるので、頂点前に打てる方がいいでしょう。

つまり、浮いたボールでも深いボールや、バウンド頂点を過ぎて打たされているボールは

 

チャンスボールではなく、相手のナイスボールなのです。

 

スマッシュが打てないと判断した場合、高く浮いたボールでも私はドライブで処理します。

自分のラリーにおける優位をとりつつ、確実に相手コートにボールをつなぎ、次のボールを狙う作戦です。

この時、スマッシュしか選択肢がないと一か八かになってしまうので、スマッシュが入れば勝つしスマッシュが入らなければ負けるという、あまりにも単純な結果になってしまいます。

だからこそ、ドライブの選択肢を持つことが重要だと私は感じています。

全てのボールをフットワークで動いてベストなポジション・打球点で打てるという強靭な肉体がある人は、スマッシュだけでも戦えるかもしれませんが。