フォア表ソフトの対下回転ドライブを効果的に使うには

回転残しドライブで時間を奪う

フォア表ソフトの選手は、フォアサイドにがっつりツッツキをされて困ったことはないだろうか。

一か八かの角度打ちで入れば点をもぎ取ることはできるかもしれないが、やはりリスクも大きく、コースや回転量に変化をつけられると、相手に高いリスクを押し付けられてしまうだろう。

相手もそれを知っていてるのでがんがんリスクを押し付けてきて、表ソフト特有の“角度が合わなくなる”状態、つまり調子が崩れてしまったり、ミスを恐れて強気に攻めることができなくなった経験はないだろうか。

逆に、角度打ちが入りだして、もう何でも入るような気がする状態になることもあるのですが、常にこうはいかないだろう。

 

フォア表ソフトなら、がっつりツッツキに対する対策は必要だろう。

対策はラバーの特性に合わせて角度打ちをぶち込むのもよし、軽打でつなぐもよしなのだが、私はドライブを使うことが多い。

角度打ちの軽打と違い、低い弾道と相手コートでボールが止まらないので、時間を奪いやすくなるからだ

 

私もいろんなドライブの練習をしてきたが、対下回転で使うドライブで最も効果的に感じるのは

 

威力のない、ピッチの早い、球足の速い低いドライブ相手を動かせてブロックさせるボールだと思う。

 

ポイントとなるのは、威力のないボールということだろう。

この威力の無いボールというのを言葉で表現するのは難しいのだが、頑張って表現するならば、相手が当てるだけのブロックではボールを落としてしまうようなボールだろうか。

そんなに回転はかかっていないし、飛んでくるボールのエネルギーも利用できない。

ブロックやカウンターしようと思ったら、自分のエネルギーでボールを飛ばさないといけない。

でも以外と球足は速くて、しっかり貯めて反撃することも難しい。

そんな絶妙にメンドクサイボールが実戦で効果的で、フォア表ソフトだと出しやすく、しかも裏ソフトではこういったボールはあまり見ないので、表ソフト特有の武器なのではないだろうか。

 

この表ソフトのドライブは裏ソフトのように、ぐっとボールをつかんで、回転をかけ返すドライブではない

自分の力はほぼいらない。

早いタイミングでボールの下回転を反転させずにそのまま残して自分の上回転にするのだ。

相手のツッツキボールが自分の台の上で上昇するエネルギーをそのまま利用し持ち上げる。

でも、フラット軽打みたいに、パンってミートするのではなく、スイっと送り出す。

もしかしたら表ソフトでも、球離れの早くラケットで打つ感覚のある用具では難しいかもしれない。

シートだけで打つ感覚だからだ。

 

あと、このドライブを打つ時は、腰を使ってスイングしないようにしている。

腰を使うスイングは威力は出るが、スイングが大きくなりがちで、前陣で早いピッチのドライブをするのに向いていないからだ。

でも手打ちは安定しないので、肩(肩甲骨)の開閉を主に使うのがいい。

前陣でもフォアハンドを振る空間を生み出しやすいから、がっつりツッツキにも対応しやすいと感じる。

 

何より一番のポイントは打球点を決して落とさないことだろう。

頂点過ぎてしまうと、球足の速いドライブはまず打てない。

あと、ボールを持ち上げるのがめちゃしんどい。

早い打球点で打とうと思ったら、まずフォアにツッツキされたらこうするって決めておかないといけないし

フォアへのツッツキに意識配分しておかないといけない。

 

そうそう、大前提としてこの技は決め技ではなく、相手を崩す技である。

だから、ドライブの戻りを何より早くすることと、次のボールをかちこんで気持ちよくなることを忘れてはいけない!