フォア表で角度打ちを決めるために一番忘れてはいけないこと

チャンスボールを生み出す魔法の姿勢

今回はフォア表で角度打ち(フラット打ち)をする際に、一番意識してほしいことをお伝えします。

これは、フォア軽打でも下回転に対する角度打ちでも、ドライブに対する角度打ちでも共通の考え方です。

そして、テクニックではないので、意識すれば誰でも変えることができると思います。

 

それは、足を肩幅の2倍以上しっかり開いて、下半身の土台をつくることです。

 

普段からそれくらい足を開いているという人もいれば、そんなに足を開いたら打ちにくいと思う方もいるかもしれません。

ですが、足をしっかり開くことには表ソフトにとって大きなメリットがあります。

 

1つ目のメリットは、足を肩幅の2倍以上しっかり開くことで姿勢が低くなります

目線が下がります。

 

するとどうなるかというと、ボールを自分の体の高い位置で打てるようになります。

目線の高さでボールを捉えることができると、ボールの真後ろをインパクトしやすくなり

また、顔に近い位置だと、正しい角度を作りやすいです。

逆に姿勢が高く、ボールを上からのぞき込むような態勢だとラケットを上から被せてしまいやすく、自分が思っている角度が作れていないことがあるでしょう。

 

ちなみに、視線を下げるだけなら足を開かずに腰を落とす方法もありますが、腰を落とすだけでは自分が移動する度に視線が上下してしまうので、無意識に視線が上がってしまうことがあります。

足を開くことで、体の無駄な上下運動も防止できるでしょう。

 

2つ目のメリットはボディワークが使いやすいことです。

卓球はベストポジションでボールを打てる機会は少ないです。

足を使ってベストポジションに移動することが一番理想ではありますが、相手もベストな態勢で打たさないために工夫してくるので、なかなかに思いどおりにはいかないでしょう。

想定していたコースに打ってこられても、回転量や緩急、ほんの少しコースを崩されるだけで、ミスをするリスクを負わされてしまいます。

こういった咄嗟のときに微調整してくれるのが、ボディワークです。

言葉で説明するのは非常に難しいのですが、足を動かさずに体の軸をずらしたりして、ボールを打てる態勢や空間を生み出すことです。

ボディーワークは開いた左右の足の間でしか生み出せないので、足をしっかり開くことでボディワークが使える空間が広がります。

 

逆に足を開くことのデメリットは無茶苦茶疲れるということでしょう。

特に足の腿にきます。

あと、足を開いた状態から動くのは慣れが必要なことでしょうか。

 

私も最近久々に自分のプレーを動画に撮って見てみたところ、自分が思っている以上に腰が高かったことに気がづきました。

意識して腰を落とすようにしていたのですが、それでも客観的に自分を見てみると、自分がこれくらい姿勢を落としているだろうと想定していた姿ではありませんでした。

構えているときは腰を落としていても、プレー中にだんだん腰が上がっていくのです。

スタンスが狭いのが原因と気づいてからは、角度打ちの精度も改善してきました。

皆さんも試しにスタンスをこれでもかと広くして練習してみてはいかがでしょう。