ペン表とシェークフォア表を経験した上で感じた違い

伸びるボールがあることによる差

私はペン表からシェークフォア表に転向しました

理由はペンのショートが苦手だったので、バックハンドを裏面で処理することが多かったのですが、

どうせ裏面を使うのであれば、シェークの方が可動域が広く有利であると考えたからです。

 

実際、シェークの方がミドルの処理がやりやすかったり、面の角度を作るのが容易であったり、ラバーの重さの選択肢が増えたりとメリットの方が大きく

表ソフトのショート系技術が使えなくなるデメリットと悩んだ結果、シェークフォア表に転向しました。

 

ペン表のときのショートは苦手意識がありましたが、シェークのバックハンドは自分に合っていたようで、すんなり馴染むことができました。

今となっては思い切って転向してよかったと考えてます。

 

さて、ペン表からシェークフォア表に転向した際に大きく変わったことが1つあります。

それは、自分台との距離です。

ペン表の時に戦っていたポジションより、ほんの少し下がって戦うようになりました。

 

理由は明確です。

自分のバックハンドがペンのショート系技術に比べてドライブがかかり、相手コートで伸びるようになったので

相手からの返球も伸びるボールが返球されるようになったからです。

また、それに伴い相手のボールも早くなるので、時間的余裕を得るために、ほんの少し下がった方がプレーしやくすくなりました。

 

ペン表の時は、止めるショートやサイドスピンブロックなど、勢いを殺す技を多用していたので相手のボールも遅くなる傾向がありましたが

シェークのバックハンドで質の高いボールを打とうと思うと、回転量のある伸びるボールを打つようになり

必然的に相手のボールも早くなってしまいました。

 

ですが、チャンスメイクの方法が大きく変わっただけで、プレーしにくくなったわけではありません。

むしろ、ナックル系のショートでチャンスメイクをしたときより、バックハンドの伸びるボールでチャンスメイクした方が、相手のボールも素直なボールでくるので上から叩きやすくなりました。

ナックル系のクサイボールをクサイまま返球されると、打つ側もリスクを負わされてしまうとは感じていました。

 

ただし、シェークの裏ソフトでのバックハンドで注意していることがあります。

それは、決めるボール以外では、ボールのスピードで勝負しないことです。

少し下がってプレーするようになったとはいえ、あくまで前陣が主戦場であることに変わりありません。

スピードのあるバックドライブなんか打っても、相手にブロックされれば大きな展開になるのは否めません。

であれば、回転量の多いループドライブから表ソフトで上から攻める展開に持ち込みたいので

あえて速いボールを打たないようにしてます。

そうすることで、前陣対前陣の遅い展開からフォア表で仕留める展開が作りやすいと感じています。