フォア表のフリックの極意

相手のサーブのエネルギーを上書きする打ち方

フォア表の私にとって、フォアの表ソフトでのレシーブとバックの裏ソフトでのレシーブを選択できることは、大きな武器です。

バックサイドにサーブが来ても、回り込んでフォアでレシーブすれば、表ソフトでレシーブできるし

フォアサイドのボールもバックで回り込んでチキータや逆チキータ、裏ソフトで回転重視のツッツキをする選択もあります。

 

フォア表でのレシーブもストップ、ツッツキ、軸ずらし、流し、フリックといろいろあります。

フォア表で相手の回転を残してレシーブするのは、相手の力を利用するので比較的簡単です。

ですが、フォアフリックは相手の回転に合わせる打ち方ではなく

相手の回転を無視して自分のボールに変える技術だと私は思っているので

安定させるのが難しい技術だと思います。

 

最近力を入れて練習に取り組んでいるのですが、私が意識していることを紹介します。

 

まず、相手のサーブに対して自分のエネルギーでボールを上書きするので

 

しっかり大きくスイングすることにしています。

 

また、台上で大きくスイングするには下半身より肩甲骨を中心に使って大きくスイングしています。

肘から先だけで打っても、サーブの回転エネルギーに負けてしまうからです。

 

あと、振り抜くことを意識してます。

振り抜かないと、たいていネットに直行してしまいます。

 

打点は頂点以降、ボールが落ちているタイミングで大丈夫ですが

フリックで重視するのは、スピードよりコース打つまでどこに打つかを判りにくくすることです。

スピードの遅いボールはネットさえ越えれば、重力で自動落下します。

スピードさえ調整すれば、フリックは比較的安定するはずです。

一撃でぶち抜くフリックなんて、相手がサーブミスでもしない限り無理でしょう。

 

表ソフトのフリックは相手のボールのエネルギーこそ上書きしますが、回転は残っているようで

相手に取られても、落としてくれることが多いです。

主導権を取ることが目的の技術なので、相手に読まれないように注意してます。