ベビーカーを使ってみて気づいたこと(ラクーナクッションAC アップリカ)

ベビーカーって必要?

息子が二ヶ月を迎え、我が家でもついにベビーカーを導入することにしました。

 

そもそもベビーカーって必要なの?って思う方もたくさんおられるでしょう。

 

私も息子が誕生する前は妻とベビーカーどうする?って話をして「うーん・・・、どうしよう?」と悩んでました。

 

 

しかし、息子が二ヶ月を迎えるまでの間、ベビーカーはあった方が便利と感じるシチュエーションが何度かあったのでベビーカーを購入することになりました。

 

 

ベビーカーが必要と感じたシチュエーション

病院での待ち時間

息子の一ヶ月検診や予防接種で病院に行った際、息子と年の近い子どもを持つパパママたちの大半はベビーカーに子どもを乗せていました。

 

みんな持っているんだな~くらいにしか思っていませんでしたが

 

待ち時間が長くなるにつれて、なぜみんながベビーカーに乗せているのかを理解しました。

 

 

我が子が石のように重い・・・

 

 

その時は抱っこ紐を使っていたのですが、私が使用している抱っこ紐は子どもに使用したまたパパママ間で交代することができないタイプでした。

 

もちろん抱っこ紐を外せば交代できるのですが、外してまた装着するのもめんどくさい。

 

結局長時間抱き続けて膝や腕が痛くなってしまいました。

 

 

ですが、ベビーカーを使っているパパママは子どもをベビーカーに乗せることで、子どもの体重の一切を任せられるので、なんて便利なんだ!って思いました。

 

 

フードコートでの使用

また、子どもとお出かけができるようになってららぽーとに買い物に行った時ですが、ベビーカーがなくて困ることがありました。

 

フードコートで食事をしてみた際、まだ首の座っていない息子の居場所がないことに気づいたのです。

 

 

ららぽーとのフードコートには子どもと食事をするためのスペースがあり、テーブル席ではなく座敷となっています。

 

スタッフが配膳等もしてくれるので首が座ってお座りができる状態であれば、問題なく食事できるのですが

 

首が座っていない息子を寝かせることはできませんでした。

 

残念ながらクッション等もありません。

 

 

首が座ってない子どもと食事している人はどうしているんだろう?と周りを見渡してみると

 

子どもはベビーカーに寝かせて、テーブル席に座りベビーカーをテーブルの横につけて食事していました

 

なるほど、こんな方法があったのか!という感じです。

 

 

ららぽーとでお買い物していると、たくさんの人がベビーカーで買い物をしていました。

 

あと抱っこ紐だと服屋で試着をしようとした際に、パパママ間で交代したりとか手間ですしね。

 

ラクーナクッションACを購入

赤ちゃん本舗でいろいろ比較

そもそもららぽーとに行ったのはベビーカーの下見をするためでした。

 

私の場合、移動は基本的に車で車から降りてベビーカーを使うので軽いタイプがいいかなと思って下見をしていたのですが、たくさんの種類がありどれを選べばいいかわかりません。

 

結局吟味した結果。アップリカのラクーナクッションACを購入しました。

   

amazonの商品リンク 

楽天の商品リンク

\全商品13倍/セール 11550円 オフ!アップリカ ベビーカー 【正規品】【3年保証】【送料無料】 Aprica (アップリカ) ラクーナ クッション AC アクティヴグレーデニム/アスレチックグリーン/スポーティーネイビー Luxuna Cushion ベビーカー A型ベビーカー

感想(27件)

畳む時の操作性の良さ

いろいろ触らせてもらって、まず気になったのが畳みやすく広げやすいかどうかです。

 

結局このことが、私がアップリカのラクーナクッションACの購入を決める一番のポイントになりました。

 

アップリカのベビーカーは畳んだり開いたりするときのロック解除の操作が非常に直感的でした。

 

それは 目の前にボタンがあれば押すかのごとく、自然に操作できると感じます。

 

 

逆にほかのメーカーのベビーカーはロックを解除しながら開くのに「慣れ」が必要だなと感じました。

 

赤ちゃんを片手で抱いている時にもう片方の手でベビーカーを操作することになるので直感的に操作できる方が楽に開けるのは間違いないです。

 

 

イージーベルト

ラクーナクッションACというか、アップリカの製品の他と違った特性はこの「イージーベルト」です。

赤ちゃんのベルトのバックルがマグネット式になっています。

 

つまり、ロックするのに余計な力がいらないので、とても楽です。

 

 

実は私が使用しているチャイルドシートは従来からあるカチッとはめるタイプのバックルだったのですが

 

中古を購入したせいか、ベルトがロックし辛く中々カチッとはまらないという症状なので

 

このマグネット式で簡単に装着できるというのも魅力でした。

 

 

安定感

また、ラクーナクッションACは重量5.6kgとベビーカーの中ではそんなに軽くないです

 

軽いタイプのベビーカーは持ち運びは楽ですが、慣性がのった時の安定性に不安を感じました。

 

 

赤ちゃん本舗では6~7㎏くらいの人形を使って試乗?をさせてくれたのですが、曲がるときや横に衝撃があった際に、赤ちゃんの重さで結構揺られるんですよね。

 

その時に感じたのは、ベビーカー本体の重さと左右の車輪の横幅がある方が安定感があるということでした

 

 

もちろんもっと重い7kg程度のタイプのベビーカーもありました、これだと妻が車から出し入れするのちょっと無理かもってなったので

 

結局軽さと安定感のバランスを見て選ぶことにしました。

 

 

ラクーナクッションACを使ってみる

いざ開封

しっかりした段ボールに入って届きました。

 

段ボールの蓋を開けたら、裏側にはこんな風に書かれています。

 

なんて言うか、ほっこりしますよね!

 

カラーは3色あるのですが、選んだのはアクティヴグレーデニムです。

 

オート4輪機能

購入して初めて気づいたのですが、この車体には「オート4輪機能」がついてます。

 

ベビーカーは前輪がくるくる回転して後輪は回転せずに固定された状態で使うのですが

 

赤ちゃんを対面で使う時と背中向きで使う時で進行方向が逆になるので

 

従来であればタイヤのロックを切り替えたりする操作が必要らしいです。

 

 

ですが、オート4輪機能があれば、ロックの切り替え操作が不要です。

 

購入する時は全く気にしていなかったですが、この機能を体験すると、これってすごく便利なんじゃないか?と思える機能です。

 

坂道大丈夫?

早速お散歩で試してみました。

 

私が住む地域は山間部で坂道が非常に多いので、もしかしたらお散歩では使えないかもって思っていましたが

 

結論からすると、坂道でも問題なく使用できます。

 

上り坂はもちろんのこと、下り坂も大丈夫です。

 

ハンドルをしっかり掴んでいれば、ベビーカーが勝手に走り出すことはありません(笑)

 

ただ、絶対に手を離してはいけないので注意は必要です

 

 

坂道を横断する時だけ、すごく下り側に慣性がかかって真っ直ぐ進むのが難しいと感じました。

 

坂道が多いところでは、安定感のあるタイプのベビーカー方が安心かもしれません。

 

コンクリートのガタガタ

あと、気になっていたのは振動です。

 

ラクーナクッションはフレームのサスペンションやスプリング性能を持つクッションで振動をやわらげる機能がついているそうです

 

他のベビーカーと比較したわけではないので、他の車種がどうかはわかりませんが

 

ラクーナクッションを使用してみて、そんなに大きいとは思いませんでした。

 

少し粗いコンクリートでは、多少ガタガタ言いますし

 

キレイなコンクリートではスーと進んでいきます。

 

 

ガタガタ言っていても、うちの息子は寝落ちしていたので、大丈夫かなと思います。

 

ベビーカーと抱っこ紐

 

ただし、ベビーカーで散歩をして、何気ない小さな階段や段差に気づかされることがあります。

 

グレーチングは大丈夫でしたが、その先の小さな段差で引っ掛かりました

 

路面は常に注意する必要がありますね!

 

 

また、いつものお散歩ルートにある階段も、通れないことに気づきました。

 

抱っこ紐の時は何も考えていませんでしたが

 

ベビーカーだと大きな障害となっているんですね。

 

結局ベビーカーと抱っこ紐どっちがいいの?

ちょっとしたお散歩などでは、抱っこ紐の方が優位性があるかもしれませんが

 

長時間での使用やショッピングモールでの使用では、ベビーカーの方が便利なことが多々ありますので

 

どっちも持っているのが正解だと感じております。