育児にあって助かったもの(ベビービョルン バウンサー)

赤ちゃんの居場所をつくってくれる便利グッズ

最近、息子の育児で重宝しているグッズがあります。

 

ベビービョルンのバウンサーです。

 

これの何が優れているかというと

 

持ち運びができるので、家の中のあらゆる場所に赤ちゃんの居場所を作ることができます。

 

本来の用途は?

バウンサーの用途は本来、ゆらゆら揺れて赤ちゃんをあやしてくれるものです。

 

我が子はまだ二ヶ月の首座り前なので、自分の力で揺らすことはできません。

 

親がそばにいて、やさしく揺らしてあげることで効果が発揮します。

 

何より、赤ちゃんの体重をバウンサーが請け負ってくれるので、パパやママはとても楽に赤ちゃんをあやすことができるグッズとなっております。

 

バウンサーが必要となったシチュエーション

実はしばらくバウンサーは使っていませんでした。

 

バウンサーは別になくてはならないものではありませんし、実際赤ちゃんが一ヶ月くらいまでは特に必要性を感じていませんでした。

 

一ヶ月くらいまでは、ミルクを飲んでお腹いっぱいになったら、すやーっと寝てしまうので

 

大人のご飯や家事などはその時に済ますことができたのです。

 

ところが、一ヶ月を過ぎたくらいから赤ちゃんが起きているときに、一人でベッドで寝るのが寂しくて大泣きするようになりました。

 

いわゆる背中スイッチで、ベッドに寝かせると途端に目を覚まして、目覚まし時計のごとく泣き出します。

 

困るのは料理中や食事をしている時など、比較的長時間離れるときです。

 

食事中に大泣きされてはあやして、落ち着いて寝たかと思いベッドに戻すと、またギャン泣きの繰り返し。

 

抱きながらはご飯も食べられないし、ゆっくり食事ができない・・・

 

となっていた時に活躍してくれたのが、バウンサーでした。

 

食事中や料理中、他にも洗濯物を干すときなどの作業をするときはバウンサーに乗せてパパやママの目の届くそばに置いてあげます。

 

赤ちゃんは寂しくて親を探すのですが、すぐそばに居るのが見て解るので

 

比較的泣きにくくなります。

 

赤ちゃんもあまりに長い時間バウンサーに置いておかれていると、相手をしてくれないことが解って、また泣き出すのですがね。

 

ベビービョルンのバウンサーは持ち運びが便利で、どこにでも置くことができました。

 

あと、トイレを失敗して汚してしまった時も、簡単に取り外して洗濯することができたのも良かったです。

 

ベッド以外の居場所

我が家の問題点はベッド以外に首座り前の赤ちゃんを預けることができる場所がなかったことでした。

 

ベッド以外に居場所がないと、パパやママがベッドから離れた場所で何かしていると

 

赤ちゃんと距離が離れてしまい、とても寂しい思いをさせてしまいます。

 

その点、移動できる居場所としてのバウンサーがあったことが、とても役に立ちました。

 

バウンサーで長時間寝かせることは、赤ちゃんの身体と成長のためにも良くないので、その場合はベッドで寝かせるようにしていますが

 

パパママが楽できるグッズですので、あるに越したことはないと感じております。

 

amazonのリンク

ベビービョルン 【日本正規品保証付】 バウンサーバランスソフト Air グレーホワイト 005029

楽天のリンク

\全商品13倍/★25%オフ★【ベビービョルン日本正規品/2年保証】 ベビービョルン バウンサー メッシュ バランス ソフト エアー ブラック/シルバーホワイト BabyBjorn バランス ソフト Air メッシュ素材【あす楽対応】【ナチュラルリビング】

感想(1191件)