食洗器のお掃除(ヒーターカバー)

食洗器の中が酷いことになっていた件

我が家の食洗器は一条工務店のオプションの深型の食洗器です。

 

とても便利で、毎日1~2回使っています

 

ですが、メンテナンスをなおざりにしていたので、酷いことになっているのに気づきませんでした…。

 

ヒーターカバーが茶色になっているではありませんか!

 

  

汚れの正体は?

最初に見たときは、金属がサビてしまったのか?と思いましたが違いました。

 

これは、食べ物などのカスがヒーターカバーに付着し、それがヒーターの熱で焦げた「焦げ」だったのです。

 

これならキレイにできるかもとお掃除することに。

 

重曹を使ってお掃除

まず試しに食器用の漂白剤をつけてこすってみたのですが、全然落ちませんでした。

 

ちなみに、説明書には変形の恐れがあるので、漂白剤は使わないでって書いてましたね。

 

なので、あまり深追いせずにほかの方法を探すことに。

 

そこで、フライパンの焦げを落とす時に使う重曹を使ってみることにしました。

 

こんな感じで、バケツを用意し、沸騰したお湯と重曹を適量入れます。

 

私の場合で、お湯1.2Lに対し重曹が小さじ6杯分くらいで入れたと思います。(適当でした)

 

そして、6時間放置しました。

 

掃除の結果

6時間経過したので、ヒーターカバーを回収。

 

重曹につけることで、焦げが剥がれやすくなっているので、スポンジでこすって落とすことに。

 

しっかりこすると、焦げがみるみる落ちていきます。

 

最終的にはかなりキレイになりました!

 

今にして思うと、こんな汚い状態の食洗器を使用していたのか…とゾッとします。

 

定期的なメンテナンスを忘れてはいけませんね!