リビングにラグを敷きました

赤ちゃんとリビングで過ごせるラグ選び

子どもが生後3ヶ月を過ぎ首も座ったことで、徐々にうつ伏せで過ごす時間を増やして練習させています。

 

だいぶ気が早いですが、そのうち赤ちゃんの行動範囲も広がることから

 

リビングで赤ちゃんが過ごせるようにジョイントマットの上にラグを敷くことにしました。

 

ジョイントマットだけだと硬いし味気ないですもんね。

 

今回はラグ選びと使用感をお伝えします!

 

 

 

洗えるラグ

ラグは価格帯が安いのでは数千円から高いのでは数万円するものまであり、本当にピンキリです。

 

ラグを買うまではベビーベッドや大人の布団でうつ伏せの練習をしていましたが

 

口からヨダレやらミルクやらがたらーりと垂れてくるし

 

生後3ヶ月で既にいろんなものを口に入れようとしてヨダレまみれにしてくるので

 

ラグも100%汚すだろうなと思っています。

 

というか購入して数日でもう汚しました。

 

それに、赤ちゃんがもっと動けるようになったら、飲み物をこぼしたりとか体調が悪くなったときに吐いてしまったりとかが想定されるので

 

洗えるラグを選ぼうということで、ラグ探しを始めました。

 

 

探していて思ったのは、デザイン性の高いラグは洗えないタイプが多かったのと

 

厚みがあるものは柔らかくクッション性が良い反面、洗濯機に入れるのが困難だったり重量があって扱いにくかったりするのだなあということ。

 

ですが、リビングという一番過ごす時間が多いところのラグをデザイン性を考慮せずに選びたくもないので

 

私はこのラグを選ぶことにしました。

 

楽天のリンク

ラグ マット 洗える ラグマット シャギーラグ おしゃれ カーペット 北欧 200×250 3畳 長方形 リビング ダイニング かわいい リビング用 居間用 シンプル じゅうたん らぐ ダイニングラグ マイクロファイバー シャギーラグ 200×250cm

感想(1209件)

ネットショップで購入したのですが、私のこのラグに対する評価は「ちょうど良さが素晴らしい」といったところでしょうか。

 

 

ちょうど良かったポイント

このラグの良かったポイントは、厚すぎず薄すぎない、デザイン性、すべり止め、価格の4点かなと思います。

 

厚すぎず薄すぎない

ラグの厚さは、ラグ選びの一番のポイントかもしれません。

 

厚ければ厚いほど、クッション性が良く柔らかいものが多いと考えられるが

 

赤ちゃんの場合はあまりにフカフカだと、うつ伏せで顔をうずめた場合に窒息してしまうかもしれない

 

かといって薄ければフローリングの硬さが直接伝わるので

 

赤ちゃんがこけたり倒れたり、あるいは寝返りでひっくり返る際に、頭などを強く打ち付けるのも心配でした。

 

 

このラグは毛足が2cmあります。

 

買う前は2cmってちょっとフカフカすぎかな?って思ったけど

 

毛は立っているわけではなく、寝ているため、実際の厚みは1cmくらいでした。

 

だから、踏むとラグがへこむ程の柔らかさはなく、しっかりとした感じがあるが

 

表面はマイクロファイバーのモコモコ感があり、そのモコモコ感で柔らかく感じます。

 

子どもが倒れた場合、痛みがないことはないが、ケガに繋がる可能性はかなり抑えられる気がするという印象です。

 

また、厚みが過ぎないため、かなり折りたたむことができます。

 

家に届いたときは、想定よりもだいぶ小さく梱包されていました。

 

我が家の7kgの洗濯機にもぎりぎり入りそうです。(カタログスペックは重量約6.5kg)

 

 

もしもっと分厚いタイプなら、折りたたむことも難しいだろうし

 

もっと薄いタイプなら、ぺらっぺらで体が痛いと思っていただろうし

 

ちょうど良かったと思いました。

 

 

デザイン性

リビングで使うので、デザイン性があるものを選びたかったので

 

洗えるラグでもっと安いものはいくらでもあったのですが、購入をやめたものはあります。

 

逆に、このデザインいいなと思ったものは洗えなかったり、値段が高かったりしました。

 

 

とくに安いタイプのものは、ラグの表面に表情がなくて、のっぺりした冷たい印象がありました。

このラグは毛の向きによって表情が変わるので、無地のラグにもかかわらず面白味があります。

 

ラグに模様が入ると、ラグ自体の主張が強くなりがちですが

 

このラグは無地で主張が強すぎず、かつ表情があるので、マイクロファイバーのラグはいい感じですね。

 

デザインが素晴らしいというわけではないですが、部屋にマッチしており期待通りのデザインだった点が良かった点です。

 

 

滑り止め

これは買うときは意識していなかったのですが、実際に敷いたときにこのラグで良かったと思えたポイントです。

 

このラグは裏面全体に滑り止めがついてます。

 

今のところラグが滑ったことはありません。

 

他のラグの商品で、たまに滑り止めがついていなかったり、一部分にだけしかついていないものがあります。

 

昔私が使っていたラグも滑り止めがついていませんでしたが、滑って動くたびに元の位置に戻すストレスがあるとないとではあるとないとでは段違いです。

 

滑り止めがありません!と広告している商品はまずないので

 

滑り止めがあるかどうかをちゃんと確認して商品を選んだ方がいいと思います。

 

 

価格

価格が高いか安いかは、個人で感じ方が違うとは思いますが、少なくとも私は高すぎない金額だと思ってます

 

サイズが200cm×250cmの大きさで1万円程度のラグであれば十分ではないかと。

 

ニトリなどと比較してもコストが控えめだなあと私は感じました。

 

そして、性能と価格はある程度比例する傾向があると私は考えております。

 

安い商品にはそれなりの理由があるはずです。

 

いくら子どもが汚す消耗品だからといって、安かろう悪かろうはダメだよな~と思ったので

 

この商品がちょうど良かったと感じます。

 

 

まだ、実際に洗っていないので、最終的な評価はできませんが

 

いい買い物だったと思っております。