生後3ヶ月で一番活躍したおもちゃ(セレクタ SEボール)

これ1つでいろんな遊び方ができる木のおもちゃ

今回は生後3ヶ月のわが子が一番ハマっているおもちゃについてです。

 

最近ようやく自分の意思を少しずつ出せるようになってきて

 

周りが見えるようになったからか、興味のあるものをじっと見つめるわが子ですが

 

最近の一番のお気に入りはセレクタのSEボールというおもちゃです。

 

 

これ、めちゃくちゃすごいおもちゃです

 

何がすごいかと言うと、シンプルなおもちゃのように見えて、その実むちゃくちゃたくさんの機能を有しているおもちゃで

 

機能性の塊のようなおもちゃなんです。

 

 

SEボールの遊び方

さて、このおもちゃですが、どのような機能があるかというと

 

掴む、引っ張る、潰す、見る、咥える、鳴らす、投げる…などいろんなことができます。

 

ぱっと見何てことないボールのおもちゃかと思いますが、子どもに与えてみると、なるほどよくできたおもちゃだと感心しました。

 

 

掴みやすい太さ

まず、このおもちゃは小さな木のパーツをゴム紐のようなもので繋ぎ合わせた構造をしています。

 

一つ一つの木のパーツは、子どもの手の大きさを考慮して作られていると感じます。

 

生後3ヶ月のわが子の手でもしっかりと握ることができます。

 

手で深く握れるかどうかというのは、おもちゃ選びに重要だと思います。

 

握ることができると、赤ちゃんはおもちゃを自分のところに引き寄せることができるが

 

握れない大きさだと、どうしても自分のところに持ってこれずに諦めてしまったり

 

パパママがそばに置いてあげても、手の届かないところに転がってしまったりするからです。

 

 

しかもこのおもちゃは手でうまく握れなくても、五角形の輪っかのところに腕を挿すことで

 

腕にっ掛けることができるようになっています。

 

うまく手を使えない子どもでも遊びやすい構造をしています。

 

 

引っ張る、潰す

先に書いたように、このおもちゃは各パーツがゴム紐のようなもので繋ぎ合わされています。

 

引っ張れば紐が伸びるし、全体をギュッと潰せばボールはぐしゃっと形を歪めます。

 

引っ張ったり潰したりする動きができるので、赤ちゃんがいろんな体の使い方を覚えることができるメリット

 

万が一赤ちゃんの身体にぶつかっても、ぐちゃっとひしゃげるので、あまり痛くないという利点があります。

 

 

赤ちゃんは手先を器用に使えないので、丸いおもちゃを掴むのは難しいです。

 

わが子はこのおもちゃで遊ぶときは、まず両腕で自分の下に抱き寄せます。

 

形が歪む性質状、ボールが転がっていくこともなく、扱いやすそうにしています。

 

 

ただし、木の部分は硬いので勢いがつくと痛いです。

 

子どもがおもちゃを持った状態のまま私が抱っこをした時

 

子どもはおもちゃを持っている手を放してしまい、私の足の指の上に落ちたのですが、くっそ痛かったです。

 

 

見る咥える、鳴らす

このおもちゃはナチュラルな木のパーツとカラフルな配色のパーツで組み合わされています。

 

コントラストの強い色の組み合わせは、赤ちゃんの興味を引きやすい色のようですね。

 

 

また、木のおもちゃなのでメンテナンスしやすいです。

 

なんでも口に咥えたがる頃なので、例に漏れずこのおもちゃもしっかりと味わっています。

 

ボールとしてはかなり大きいサイズなので、紐が切れたりでもしない限り誤飲することはまずないでしょう。

 

 

さらに、中心部には輪っか状のパーツが入ってますので、木と木がぶつかるカチャカチャする音がします。

 

振って音を鳴らすもよし、転がして鳴らすもよしです。

 

 

このように、ただのボールではなく、たくさんの機能を有しているボールです。

 

こういった、たくさんの使い方ができる機能性の高いデザインって私はすごいなって感じます。

 

安いおもちゃではないのですが、シンプルな機能のおもちゃを複数買うよりは、これ1個あった方が赤ちゃんの想像力や発想力を伸ばすことができるんじゃないかなーって気がします。

 

今のところ、我が家のおもちゃの中では一番活躍してくれてます。

 

amazonのリンク

楽天のリンク

【送料無料】 セレクタ社 SEボール SE1324 木製ラトル ガラガラ ベビートイ 木のおもちゃ 0歳~