うるケアの騒音を何とかしようとしてみた件

2021年2月6日

うるケアは騒音が発生します。

今回はうるケアの騒音についてのお話です。

 

うるケアに騒音が発生すると言ったら、一条工務店の人が見たら怒りそうですね。

 

ですが、これは紛れもない事実です。

 

というか、一条工務店の設計書のスペックにも、うるケア製造メーカーのパナソニックのカタログにも騒音が発生する旨は記載されています。

 

例えばパナソニックのカタログには「製品は振動をできる限り低く設計生産しておりますが、回転体であり振動が発生しますので、機器は建物への設置方法には製品別に留意してください」と記載されております。

 

だから、騒音が発生する機器として捉え、その上でどう配置するかが重要なのです。 

 

騒音が発生することと、聴く側の条件によってどの程度騒音を感じるかというのは別の話なわけです。

 

 

私もこんな設計書を見たりメーカーのカタログに記載されているのを知ったのは引き渡し後なわけですが…。

 

 

だから、うるケアについて騒音は発生しませんとか、大丈夫ですとか根拠のない説明をする営業の人には本当に注意してください。

 

 

うるケアは例えるなら、洗濯機と同等の騒音・振動を発生させる機器です。

 

しかも24時間連続稼働の機械なので、騒音が止むことはありません。

 

うるケアは簡単に記載すると、正面1mの距離で34dbの騒音が発生すると一条工務店の設計書には書いていました。

 

だいたい静音タイプの洗濯機もそのくらいでしょう。

 

あなたは居室や寝室のすぐ隣に洗濯機を設置するでしょうか?

 

設置することを他人に勧めるでしょうか?

 

 

ということで、我が家ではうるケアの騒音問題が発生しております。

 

うるケアと隣接する子ども部屋に低周波と思われる騒音が発生しているのです。

 

他の部屋では何ともないのですが、この子ども部屋だけ常時低音が「うぅわぁぁんうぅわぁぁん」と一定周期で頭に響き

 

気になって夜眠れないほどの騒音を感じるのです。

 

近いのは室外機の騒音のような音です。

 

私だけでなく、妻も感じております。

 

 

一条工務店には現在対応を依頼中です。

 

 

依頼をしてから既に4ヶ月半を経過していますが…

 

 

 

 

  

一条工務店が対応するまでの応急処置

取り急ぎ、応急処置として自分でできる対策をしてみることにしました。

 

 

低周波について調べたところ、低周波の特性として発振源の対策が効果的とのことなので

 

発振源であるうるケア本体の防振措置をしてみることに。

 

購入したのは防振ゴムとオトナシートです。

 

本体の振動の強い箇所にオトナシートを貼り合わせていきます。

before

 

after

こちらは本体の共振を抑えるもので、あまり効果は期待していませんが、とりあえず物は試しということで。

  

そして、防振ゴムは本体と壁の間に埋めることに。

 

当初1.5㎝幅の防振ゴムを購入するが、壁に段があったため1.5㎝のゴムが入らず1.0㎝のゴムを買い直すことに。

 

そして、1.0㎝だと緩かったため、その辺にあった薄い木で厚さを調整しました。

 

手で押しても入らないので、ハンマーで叩いて入れました。

 

 

さてさて、結果どうなったかというと

 

 

ほとんど変わりませんでした。

 

騒音の原因も、機械の振動、接続部からの音漏れ、ダクトの共鳴など、複数の要因も考えられるため

 

今回の対策では効果なしといったところです。

 

たぶん、物理的に距離を取る他ない気はしますが…

 

 

そもそもうるケアは良くないのか?

今回、うるケアに関する騒音の記事を書いたのですが、私はうるケア自体が悪いとは思っていません。

 

そもそも、この機械は居室に隣接さえしてなければ、騒音の問題が発生する可能性はぐっと下がります。

 

メーカーのカタログにも、騒音が発生しますとハッキリ記載されています。

 

だから、うるケアを検討されている方は、設置場所には十分留意してください。

 

 

営業や設計士が言う「根拠のない大丈夫」はその場しのぎのセリフです。

 

大丈夫ですと言われたら、何がどう大丈夫なのか数値で教えてくださいと、必ず聞き返しましょう。

 

私と同じような失敗をする人が減りますようにと、注意喚起のために記事にしました。

 

進展があれば、記事にします。