お風呂の鏡をダイヤモンドパフで磨いてみた

一条工務店のメンテナンスセットに入っていた

お風呂の鏡って、水垢ですぐに汚くなりますよね。

 

昨年の年末の大掃除でキレイにしようとしたのですが、クレンザーで磨いても全然キレイになりませんでした。

 

鏡の水垢専用の洗剤はすごく高いし、100均で売っているダイヤモンドパフのような汚れ落としも

 

鏡が傷つくとかいう情報がネットにあったので、使うのをためらっていました。

 

ですが、一条工務店のメンテナンスセットにこのダイヤモンドパフが入っていたので、試しに使ってみることに。

 

面白いくらい、汚れが落ちる

使ってみて衝撃的でした。

 

面白いくらい簡単に汚れが落ちます。

 

このウロコ状の部分で物理的に削り落とすみたいですが、ジョリジョリ削って落ちているのが音や手の感覚でハッキリと解ります。

 

そして、汚れが落ちると削っている感覚がなくなって滑らかになるので、これ以上磨かなくてもいいということになります。

 

年末の大掃除で、クエン酸かけてラップしたりと色々試したのですが、全然落ちなかった汚れがみるみる落ちていきました。

 

水垢が残っている鏡は、水滴が水垢部分で残ってしまうのに対して、汚れが落ちると表面の水がキレイに流れていきます。

上の写真の右側がダイヤモンドパフで磨いた後、左側が水垢が残っている状態にそれぞれ水をかけた状態です。

 

ダイヤモンドパフによって鏡の表面がどうなったかというと、目に見える形で傷はありませんでした。

 

目に見えない傷がどうかはわかりませんが、水垢が残っている状態と比べたら断然マシでしょう。

 

乾いた状態で見てみると、100%完璧に汚れが落ちたわけではなく、よく見ると落ちきらなかった汚れが残っています。

 

こまめに掃除をして、頑固な汚れが残らないようにするのがいいのかなと思います。