生後5ヶ月でできるようになったこと

うつ伏せのままクルクル回り始めた

わが子が生後4ヶ月から5ヶ月半の間にできるようになったことがいろいろあります。

 

①腹筋で自分で体を起こせるようになった。

②寝返り返り

③片手うつ伏せ

④うつ伏せ中にお尻を上げる

⑤うつ伏せ中にその場で転回する

  

などです。  

 

まだまだお座りはできないですが、少しずつ姿勢を維持することができるようになってきました。

 

日中子どもが起きている時は、基本的にリビングのラグの上で自由にさせているので

 

うつ伏せで過ごす時間はとても多いです。

 

腕で体を持ち上げたり手足をバタバタしたり、足で地面を蹴ったりして自然と体を鍛えている感じがします。

 

毎日、仰向け状態から子どもの腕を引っ張って体を起こす運動もしていますが

 

最近では自分の腕や腹筋の力で体を起こそうとしていて、筋力的な成長を感じています。

 

 

いろいろできることが増えてきて、わが子が自力で動き出すのを楽しみにしていますが

 

いよいよ動き出しそうな気配を感じています。

 

 

それが、うつ伏せ中にその場でクルクル方向転回し始めたことです。

 

わが子がうつ伏せできるようになってから、3ヶ月くらい経つのですが、その場から動き出す気配はありませんでしたが

 

最近になって、お尻を持ち上げることができるようになりました。

 

それに伴い、足で地面を蹴る動作ができるようになり、少しずつ、その場で向きを変えるようになったのです。

 

 

うちの子は目の前のおもちゃに対して左手を伸ばすことが多く、左手の方が筋力が発達しているからか

 

方向転回も常に反時計回りで左手の方へ回転します。

 

 

方向転回ができるようになったので、方向転回と寝返り+寝返り返りのコンボで

 

いつの間にかすごい距離を移動して、ラグからはみ出してフローリングで頭をゴッチンしていることもありました。

 

ずりばいやハイハイができなくとも、移動できることに驚きです。

 

 

おもちゃや周りにあるテーブルやソファなどにも興味深々なため、触りに行きたい欲は強いようで

 

もう少し右手側の筋力がついたら、すぐにずりばいできるようになりそうです。

 

子どもの成長をそばでずっと見ていられるのが、育休を取った醍醐味ですね。