リビングのラグを洗濯したらめちゃくちゃ大変だった

赤ちゃんが汚したラグをキレイにお掃除

我が家のリビングに敷いているラグは、赤ちゃんが汚しても洗えるよう洗濯ができるモノを選びました。

 

いつかは赤ちゃんが汚してしまうだろうと思ってラグを選んだのですが

 

予定どおり、やってしまいました。

 

いや~、気持ちいいくらいの快便でしたね(笑)

 

 

ということで、実際に洗濯してみることに。

 

ですが、購入する時は洗濯について安易に考えてましたが、これがえらい大変でした。

 

 

洗濯機に入らない

さて、我が家のラグは200cm×250cmの大き目のラグです。

 

ラグを軽く掃除機かけてから、洗濯機に入れてみると

 

洗濯機に入らない問題が発生しました。

 

あれ?うちの洗濯機7kgタイプなので、6.5kgのラグなら入ると思っていたのですが・・・

 

家に宅配された時のサイズ感だと、全然入るサイズに思えましたが、ラグをロールケーキのように丸めてみると、洗濯機が思ったより浅く、洗濯機から飛び出してしまう状態に

 

 

結局お風呂に水を溜めて手洗いすることにしました。

 

 

お風呂でラグの手洗い

手洗いするときの洗剤としては、中性洗剤が良い聞いたので、おしゃれ着用の洗剤を使うことに。

 

家の洗濯洗剤を改めて見てみると、軒並み弱アルカリ性だったので。

 

洗剤のパッケージに記載されている分量を入れてみました。

ラグをお風呂に放り込みます。

お湯の量は普段のお風呂の半分にしましたが、ちょうど良いくらいでした。

足で何度も踏み洗いします。

 

1か所当たり100回踏むのを目標に、踏み踏み。

 

これだけでもいい運動です。

使用開始してから2ヶ月経たないくらいのラグだったのですが

 

汚れで水が黒く濁っていました。

 

あと、小さなゴミや髪の毛とかが沢山・・・

 

こんなに汚いのに気づかなかったなんて

一旦お湯を流して、入れ直します。

  

今回の洗濯はとりあえず、1回洗いの1回すすぎで試してみることに。

すすぎの時は、洗剤を入れずに同様に足で踏み洗いします。

 

こちらも1か所当たり100回踏むのを目標にしてみました。

洗い終わりがこちら。

 

びしょびしょに濡れたラグはめちゃくちゃ重いです。

 

これを脱水するので絞っていくわけですが、ここからが大変です。

 

 

まず、踏んである程度水を絞り出しますが、ラグが大きいため、一か所絞っても別の場所でラグが水を吸ってしまいます。

 

だから、局所的に手で雑巾を絞るように絞っていきますが、端っこしか手で絞ることができず、ラグの真ん中は絞ることができません。

 

困ったから、とりあえず干してからいい方法を考えるか!

 

 

と思ったのが間違いの始まりでした。

 

あまりの重さに物干し竿が折れた

めちゃくちゃ重く、水の滴るラグを何とかしてベランダに運び

 

布団干しに仮置きしてから物干し竿にかけようとしたら

 

意図も簡単に物干し竿が折れました。

 

 

後で気づいたのですが、布団干しもひん曲がってましたし、私の指もしばらく痛かったので

 

濡れた状態でラグを移動させるのは、完全な悪手だったようです。

とにかく、このままでは乾きそうにないので

庭の柵と布団干しを使って、なんとか干せる状態へ。

 

ここから、少しずつ雑巾を絞るように絞れる範囲で絞りました。

 

結局、洗濯した日には乾きませんでした。

 

 

しかも、翌日は天気が悪化して雨が降ったため、2本目の物干し竿に移動。

 

少し乾いて軽くなったので、折れはしませんでしたが、あいにくの天気のためこの日も乾かず。

 

3日目にようやく乾いて取り込むことができました。

 

 

失敗だらけのラグ洗濯でしたが

 

お風呂場ですすいだ後、そのままある程度水が抜けるまで浴槽にかけてでも乾かせるべきだったと思います。

 

一条工務店の家だと、室内が適度に乾燥しているので乾きやすいでしょうしね。

 

あと、このサイズだとそもそも自力での洗濯に向かないサイズだと痛感しました。

 

ラグが洗濯できるランドリーに持っていく方が、手っ取り早く乾燥できるのでいいかもしれません。

 

 

ただ、キレイになったラグはやっぱり気持ちがいいですね!