表ソフトについて偏見だなと思うこと

裏ソフトのプレイヤーに思われがちなこと

私は表ソフト歴が長いのですが、裏ソフトの選手に「表ソフトはこうやって使うんだよ」「表ソフトってこうだよね」って言われることがあります。

 

正しいアドバイスであることも、もちろんあるのですが、正直、表ソフトの”常識”を押し付けられているようで、嫌な気持ちになることが多いです。

 

最近だとYoutubeなどの動画でも、裏ソフトの選手が表ソフトの使い方みたいなのをアップしているのですが

 

大抵、表ソフトってこうだよねっていう一般論を語っているだけで

 

実戦レベルに落とし込める内容の動画は稀だと思っています。

 

 

さて、今回はそんな表ソフトの”常識”と言われていることについて、個人的に偏見だよなって思うことについての記事です。

 

 

レシーブがやりやすいは嘘

「表ソフトは回転の影響を受けにくいのでレシーブがしやすい」

 

表ソフトの紹介ページには必ず書かれていますが、あれは嘘です。※個人的な感想です

 

ぶっちゃけ裏ソフトの方がレシーブしやすいです。

 

 

私はシェークのフォア表バック裏ですが、現役時代は片面のペン表でした。

 

ハッキリ言って、裏ソフトは素直なので相手の回転を利用するのも、無効化するのもしやすいです。

 

逆に表ソフトはある程度相手の回転の影響を受ける上に、ラバー自体が滑るため、自分の思ったように飛ばないことがあります。

 

レシーブという繊細なコントロールが必要な場面において、自分のラバーのコントロールが難しいことは致命的です。

 

裏ソフトは相手のサーブの回転だけを注視すれば良いのですが、表ソフトは相手の回転と自分のラバーの滑りの両方を加味して考えないといけません。

 

 

ね、難しいでしょ?

 

表ソフトはインパクトで回転を無効化することもできますが、レシーブの台上でインパクトを出すのは技術が要ります。

 

飛ばす距離が短いので、インパクトを強くするとオーバーミスやネットミスになりやすく、インパクトが弱いと回転の影響を受けたり、スリップしたりします。

 

 

もちろん、表ソフトの変化は自分にとってコントロールが難しいだけでなく、相手にとっても脅威になるので

 

表ソフトの変化を自由自在に操れるのであれば、強力な武器になります。

 

実際伊藤美誠選手は、表ソフトでの自在な変化と強烈なバックプッシュのレシーブで主導権を握ってます。

 

 

つまり、表ソフトはレシーブがしやすいのではなく、表ソフトでレシーブを使いこなすことができたら強力である

 

というのが、私個人の見解です。

 

 

なお、初級者レベルであれば、浮いてもいいから表ソフトで相手コートに返すだけでも変化がつくので

 

レシーブで点を取りやすくなるのは事実だと思いますが。