新生児の歪んだ頭が成長とともにどうなったか?

向き癖で凹んでしまった頭は自然に元の形に戻ったのかどうか

わが子が生後4~5ヶ月くらいの頃、寝るときに左を向いて寝るクセがあり

  

その影響で頭の左後頭部が凹んで平らになってしまいました。

 

すごく気になってしまって、自然にしていて治るのか、ヘルメット治療等をしなければいけないのか悩んでいました。

 

 

自然に放置した結果の一つのサンプル

自然に放置した結果を先に表示しますと、下の写真のとおりでした。

 

生後5ヶ月
生後10ヶ月

生後5ヶ月と生後10ヶ月の比較ですが、見た目は凹みが気にならなくなってきました。

 

ですが、これは髪の毛の量が増えてきた影響も大きく、左後頭部は少し凹んでおります。

 

凹み具合はマシになったと思いますが、完全にキレイな形にはなっていないと思います。

 

 

今となっては、私は頭の形についてはほとんど気にしていません。

 

生後5ヶ月の頃は、これからますます酷くなるかもしれないという不安があったからかもしれませんが

 

生後10ヶ月の今なら、これ以上悪化することはまずないだろうと思えるからだと思います。

 

 

これまで行った対策と効果

我が家ではヘルメット治療はせず、自然に放置することとしたのですが、何もしなかったわけではありません。

 

我が家で行った主な対策は、ドーナッツ枕の使用と、気付く度に頭の向きを逆にすることです。

 

まず、ベビーベッドをやめて添い寝をすることにしました。

 

ベビーベッドだと赤ちゃんが自分の向きやすい方向を向いて寝てしまいやすく、パパママが向きを変えるのが手間なためです。

 

添い寝をし、パパママが赤ちゃんの右側で寝るようにしました。

 

パパママの方を向こうとすると、自然と右を向く状態をつくったのです。

 

そして添い寝しているので、夜中でも左を向いて寝ているのに気づいたら、すかさず両手で赤ちゃんの頭を掴んで右を向かせます。

 

 

対策の効果については、ドーナッツ枕はドーナッツ枕の形の凸凹が頭にできたような気がして、効果の程は感じていませんが

 

右を向かせる作戦はそれなりに効果があったのではないかと感じています。

 

 

しかしながら、これらの対策が使えたのも、しばらくの期間だけでした。

 

寝返りをし、ズリバイをし、つかまり立ちし、ハイハイをする・・・

 

成長に伴い、寝相も凄まじいことになって、今は枕の上で寝るなんてありえません。

 

添い寝しているパパママに横から突き刺さり、ボディプレスをかましてきます。

 

寝ている間に、布団の上を転がりまわっているので、向き癖なんてつかないでしょう。

 

日中もお座りしてたり、ハイハイしてたり、つかまり立っていたりで、起きている間は頭を地面につけていることなんてほとんどありません。

 

頭の凹みは、個人差はあれど、成長に伴って自然と軽減されるのだろうなと感じています。

 

ただし、自然に放置していて100%キレイな形に戻るというものではないとも感じました。

 

気になる人は、医師に相談するのが一番でしょうね。