作業スペースの椅子を買い替えました。

ニトリのワークチェアはベースを弾くのに最適の椅子

最近、あるものを衝動買いしてしました。

ニトリのクロウドというチェアです。

これまで、作業スペースの椅子はゲーミングチェアを使っていたのですが、非常に肩が凝ってしまい、もっと楽な椅子を探していたところでした。

ですが、なかなか理想の椅子に出会えてなくて、探すのを半ば諦めていた時に、たまたまニトリに立寄って展示していた商品に座ってみたところ、身体にすごくフィットする包み込まれるような椅子を見つけました。

ニトリの椅子ってこんなにいいんだ!

そう気づいて、ニトリの商品をいろいろ調べたら、私が求めて止まなかった機能を有する、このクロウドに行き着いたのです。

ベーシストやギタリストに最適のチェア

さて、チェアを探していた時の要件は3つ

1つは私の身体に合っていて、長時間座ってても疲れにくいこと。

2つはベースを弾きやすいこと。

3つは価格が控えめなこと。

このクロウドは3つの条件にマッチしていました。

疲れにくいチェアは背中がポイント

長時間座ってても疲れにくい椅子を探していたのですが、どのような椅子を選べば疲れにくいか、私にはわかりませんでした。

だから、試してみて身体で感じていいモノを選ぼうと思っていました。

前のゲーミングチェアは座り心地がわからないままネットで購入したのが失敗だったからです。

今回はニトリの店舗で試すことができたので、安心して購入。

ニトリの椅子に替えてから、肩凝りがびっくりするくらい楽になりました。

今までのゲーミングチェアと比べて何が違うのか考えてみると、やっぱり背中のクッション性が違うという答えにたどり着きました。

このクロウドは、背中がフカッとしていて、包み込まれるような感覚です。

安心して背中を預けることができるので、肩凝りが楽になったんじゃないかなと個人的に感じてます。

楽器の演奏がしやすい肘掛けが上がるチェア

さて、一番の注目ポイントはこの肘掛けです。

写真のとおり上に上がります。

ベースを弾く私には、この機能が必須でした。

ベースを弾くときは肘掛けがものすごく邪魔です。

しかし、ベースを弾かない時は肘掛けが欲しいのです。

だから、肘掛けが上げ下げできるタイプが欲しかったのですが

意外と肘掛けを上げ下げできる椅子が少なく、肘掛け固定か、そもそも肘掛けなしといった商品が大半だった気がします。

このチェアはベース演奏の快適度が最高でした。

さすがのお値段以上のニトリ

何よりもネックになっていたのが価格ですが

私が購入した時で、定価14,900円でした。

ワークチェアは相場が安くて2〜3万、高くて5〜10万って思っていたので、正直この値段で理想のチェアに出会えるとは思ってませんでした。

同じニトリの商品でも、主力商品はやはり3~4万なので、このチェアはリーズナブルな部類のようです。

確かに機能的にはリクライニングがなかったりと、他のチェアに比べてシンプルな作りですが、座り心地の点では文句なしの性能です。

座り心地が良くて、ベースを弾くのにも適していて、おまけにコスパが良い。

思わず衝動的に買ってしまいましたが、いい買い物だったと思います。